はっきりとした理由はわからなかったけど…なんとなく苦手な相手の特徴

誰かに苦手意識を持つときには、なにか理由があると考えるでしょう。しかし「なんとなく苦手」になることも…

話し合い
(YusukeYamamoto/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

無意味に人を嫌いになることは、あまり大人の対応とはいえません。しかしなぜかわからないけれど、なんとなく苦手に思っている相手がいる人もたくさんいるでしょう。

 

■8割以上が「なんとなく苦手な人あり」

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、なんとなく苦手な人がいるか、調査を実施しました

なんとなく苦手な人がいるグラフ

「苦手な人がいる」と答えた人は、全体で80.8%と高い割合になっています。

fumumu取材班は女性達に、なんとなく苦手な人の特徴について聞きました。

 

①目が笑っていない

「会社の先輩はいつも話しかけてくれるし、悪い人ではないと思うんです。ただなんとなくですが、私のほうが先輩に苦手意識を持ってしまって…。なぜなのか考えては、自分を責めていました。

 

先日、同僚と話しているときに、『先輩って、いつも目が笑ってないよね』と言われて納得しました。口元は笑っていても、目は死んでいるんです。

 

そのせいで苦手意識を持たれるのも、かわいそうな話なんでしょうけど…」(20代・女性)

 

次ページ ②空気が読めない

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!