自慢なの? 「女友達のリア充な近況報告」に女子のホンネは…

投稿を見た人全員が、「いいね!」をしてくれるとは限りません。中には、不愉快に感じ、フォローをやめる人も…

リゾート
(Hakase_/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新年度、新生活に心を躍らせている人は多いでしょう。一方で、SNSで浮かれた近況報告ばかりしていると、煙たがられることもあるようです。

fumumu取材班が本当はウザいと思っている「女友達の近況報告」について、女子達に話を聞きました。

 

①婚約報告

「SNSで婚約報告をする人、よくいますよね。でも、芸能人とか著名人でもないのに…インターネットを使って、世界中に向けて報告する必要なんてあるんでしょうか。

 

『お幸せに』とは思いますが、一方的にラブラブな2ショットを見せつけられるのは結構ウザいです」(20代・女性)

 

②転職報告

「『4月1日付けで、●●に勤めることになりました!』と、SNSで転職報告をしていた友達。それだけならまだしも、『実はヘッドハンティングされて…』などと転職の経緯まで赤裸々に語っているのを見て、正直ドン引きしました。

 

彼女が本当に伝えたいのは、転職したことではなく、ヘッドハンティングされたことの自慢でしょう。名言しないまでも、ドヤ顔から得意気な雰囲気が滲み出ています。でも、そういうのって、自分からひけらかすものではなくて、周りから言われるものではないでしょうか」(20代・女性)

 

次ページ ③留学報告

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!