彼氏の悩みを相談した相手のことが好きに…後悔した3つのパターン

彼氏のことを相談しているうちに、男友達を好きになってしまい、後悔することもあるようです。理由を聞いてみました。

相談
(Nayomiee/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

マンネリや同棲での不満など、彼と長くいるとギスギスしてしまう時期はでてきます。そんなときは、男性意見が知りたくて男友達に相談することもありますよね。

中には、相談するうちに男友達を好きになってしまうことも…。fumumu取材班は、相談相手を好きになって後悔した経験がある女性たちに話を聞きました。

 

①優しさに惑わされた

「彼と行き違いがあって上手くいかなかったころ、メンタルがズタボロでした。そんなときに、幼なじみの男子がすごく心配して親身になってくれて、話を聞いてくれたんです。『今は仕事が忙しくて、恋愛で悩んでいる暇がないのかもしれない』とか、すごく励ましてくれるような言葉もたくさん言ってくれて…。

 

彼の優しさにすごく泣きそうになってしまいました。そこで、『今は頑張ろう』と思えたら良かったんでしょうけれど…。あまりにも優しくしてくれるから、恋と錯覚してしまったんです。今の恋愛が辛すぎたのもあって、もう無理だろうと思い込んで、彼氏とお別れをしまいました。

 

幼なじみは、『本当に僕を好きなら』と付き合ってくれる姿勢を見せたものの、私が冷静でないのを見越して保留に。結局、元彼は別れるつもりがなかったのに、私の勝手な思い込みで別れてしまってヨリを戻すこともできなくなったし、幼なじみも、結局、恋愛対象として好きではなく失礼なことをしてしまいました。ものすごく後悔しています」(20代・女性)

 

②彼のマイナスイメージに惑わされた

「マンネリで彼の悪いところばかり目立ってしまい、男友達にグチを聞いてもらっていました。結構、親身になってくれるものだから、どんどんグチが溢れてしまいましたね。

 

そんなことをしているうちに、彼の悪い部分ばかり見えてしまい、話を親身になってくれる彼が魅力的と錯覚してしまうようになりました。勢い任せで彼氏と別れてしまい、後から冷静になって後悔しました」(20代・女性)

 

③相談相手に下心があった

「なかなか相談に乗ってくれる男性って少ないですよね。恋人の話を聞かされるのって、好きじゃない人が多いと思うんです。そんな中で話を聞いてくれる男性はすごくありがたくて…。いろんなことを相談に乗ってもらっていました。

 

あるとき、彼氏とうまくいかないことがあって、泣きつくように彼に相談したんです。そしたら『そんな辛い思いをするなら、僕と付き合わない? 幸せにするから』と言われて。揺らいでしまった私は、付き合ってしまったんです。結局、そういうときの女性は自暴自棄になりやすいからと、付け込まれただけだけで、体が目的だったみたいです」(20代・女性)

 

相手に下心があったり、冷静な判断ができなかったりすると、後悔してしまうようです。男友達に相談しているうちに好きになってしまった場合には、冷静になってからどうすべきか考えたほうが良いかもしれませんね。

・合わせて読みたい→恋に恋してるってどういう状況? 理解した大人たちに聞いてみた

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!