脈ありサインと勘違いしちゃダメ…カラダ目当てな男子の言動

気になる彼からのアプローチが、脈ありなのか、カラダ目当てなのか判断がつかない人もいるのでは? 男子に詳しく聞いてみました。

カップル
(allensima/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

気になる彼からのアプローチ。誰でも嬉しい状況ですよね。しかし、本当に好きでアプローチしてくれているのか、ただのカラダ目当てなのか、判断がつかないこともあるのではないでしょうか。

分からないまま、好きだから喜んでしまい、後からがっかりしてしまうのは辛いですよね。

そこで、fumumu取材班は、カラダ目当てで女性の気を引くために男性がやっていることについて話を聞くと、女性たちが脈ありサインと勘違いしそうな、好きではなくても使っているテクニックがあるようです。

 

①見た目を褒める

「カラダ目的なら、相手をその気にさせないとですよね。女性は、褒めると気分が良くなって、その流れでしてしまう人もいます。だから、とにかく褒めます。

 

ただ、その女性のことはよく知らないし、その場しのぎだから、見た目ばっかり褒めてしまいますね。やっぱり、その人に興味がないので、中身を褒めるのは難しいですよ。絞り出そうとしても、知らないから考えつきもしません」(20代・男性)

 

②「好き」とたくさんいう

「『好き』『愛してる』って言葉をたくさんいうんじゃないでしょうか。女子が思っている以上に、言葉を大切にする男子って多いんですよ。言い過ぎると、価値が下がると思う人もいるくらいです。

 

でも、相手がどうでもいい子で、カラダが目当てなら、そのときの雰囲気を大切にするために、『好き』って言葉をたくさん口にすると思います。それで、あわよくばと考えてしまう感じでしょうね。目的を果たした後は、絶対に『好き』とか言わないと思いますよ。メリットがないですから」(20代・男性)

 

③「2人で飲みに行こう」

「親しい友だちだとか、信頼関係があるなら別ですが。『2人で飲みに行こう』って誘う男は下心しかないですよ。酔うだけ酔わせて、相手の気分が良くなったところで、ホテルに直行できたら良いくらいに考えていると思います。酷い男なら、泥酔までさせるかもしれませんね。

 

こういうのがいるから、気になる女性に対しては男性も慎重になります。下心があると思われて、警戒されたくないから、簡単に飲みに誘えないんですよ。僕は、付き合ってしばらく経ってからじゃないと誘いません」(20代・男性)

 

女性に嫌われたくないため、逆に下心を隠そうと努力するみたいですね。好きだからこそ、言葉一つでも慎重になってしまうことが多いようです。

 

簡単に下心を見せたり、女子が喜ぶ言葉を言ったりする男性には気をつけたいですね。

・合わせて読みたい→好きを見逃さないで! 男子が送る「脈アリLINE」3つのサイン

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!