重すぎる…彼氏が作った「理解できない」ドン引きルール

恋人の間でルールは何かと作られがち。そこで、ルールで縛られすぎて不幸になった女子に話を聞いてみました。

不満のあるカップル
(itakayuki/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

付き合い始めたら、彼氏との間にルールを作る人は少なくないですよね。いい関係を保つために、多少は取り決めがあったほうがいい気もします。

「自分は愛されている」と自信がつく一方で、過剰なルールは毒となることもあるようです。

そこで、fumumu取材班は、愛が重すぎるルールを作らされた女性たちに、困ったことを聞いてみました。

 

①見たい店があっても一人で行動しない

「デートをしていると、気になる店ってあるじゃないですか。彼に許可は取るのですが、あれこれと見たいので、自分のペースで買い物を楽しんでしまうことがありました。

 

ある日、彼が『見たい店があっても一人で行動しない』とルールを作ってきました。ずっとついてくる彼がストレスすぎて、彼といるときは買い物できなくなりました」(20代・女性)

 

②彼氏の半径5cm以内から出ない

「冗談ではなく、彼氏と一緒にいるときは、彼の半径5cm以内から出ることを許されませんでした。

 

だから、家でも外でも四六時中べったり。いつもくっついていると疲れてしまうので、ストレスでしたね」(20代・女性)

 

次ページ ③同性とも極力話すな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!