せっかくの出会いを離さない! 彼との距離をより縮められた瞬間

彼氏と親密関係を築くことは誰の夢でもありますが、方向性を見失うことも。そこで、カップルに親密関係を築けた瞬間を聞いてみました。

カップル
(monzenmachi/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏とより深い仲になるには、会話することが一番の方法です。しかし、関係を深めるために、いつ、どんな風に理解を深めてもらうか、状況や程度に迷うこともありますよね。

そこでfumumu取材班は、恋人との関係が親密に深まったのを感じた経験を聞いてみました。


①嫌われる怖さより、伝えたいと思った

「彼に嫌われたくない、フラれたくないと思う気持ちが強いので、どうしても本心や知られると不都合なことは伝えられなかったんです。今までの彼全員に話せなかったこととかもあって。


でも、今の彼氏は嫌われる怖さよりも、知ってほしい、自分を理解してほしい思いが強くなっていました。だから、思い切って伝えたんです。そうすると、彼氏も真剣に話を聞いてくれて。


『気持ちを知れてよかった』と言ってくれたし、秘密を共有できたことで、グッと仲が深まったのを感じます」(20代・女性)


関連記事:女子たちが「恋」から「愛」に変えるために努力したこと3つ

②自分の一番の悩みを相談できた

「仕事ですごい失敗をしてしまって。恥ずかしいから誰にも相談できないし、一人で悩んで悶々としていました。でも、なんとなく何かで不安になっている状況を彼氏は察していたらしく。


優しく寄り添ってくれたので、思い切って相談することにしました。こんな重要なことは、彼にしか話せないので、ますます彼との関係性が深まったと感じます」(20代・女性)


③「やってはいけないこと」をしっかり理解した

「ずっと長く一緒にいると、お互いの『やってはいけないこと』がわかるようになるんですよね。


だから、不満を話し合うまでもなく、お互いうまく気を使いながら生活できるようになりました。それに気づいて、もう家族も同然だと感じました」(20代・女性)


自己の内面をさらけ出し、また、相手の内面への理解が深まったときに、関係が深まったと感じるようですね。

彼ともっと仲良くなりたいなら、少しずつ自己開示からはじめてみたいですね。

・合わせて読みたい→もっと好きになってもらうためなのに…彼氏に理解されない行動

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!