年上の彼氏がひそかに出している「彼女にこう思われたい」サイン

年下彼女を持つ男子に、彼女からどんな風に思われたいのか、理想を聞いてみました。

カップル
(tetsuomorita/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

年上の彼氏を持つ女性は、どう接したらいいか迷うこともありそうです。

そこでfumumu取材班は、年下彼女を持つ男子に、彼女にどう思われたいのか話を聞いてみました。

 

①余裕があると思われたい

「大人の余裕を見せたいので、すぐに手を出すようなことはしません。がっついていると思われたくないですからね。特に、年上相手だと、女性側もすぐにそういう雰囲気になると思って、身構えてしまうと思うので、早いうちから、『大切にする、すぐに手を出すつもりはない』ということはわかるように振舞っているつもりです。

 

あと、まだ役職についているわけでもないので、そこまで給料が高いわけではないのですが、『年上なのに金銭に余裕のない男』だとは思われたくないので、結構無理してご飯を奢ったり。家では節約生活をしてますね」(20代・男性)

 

②頼られたい

「男として『頼り甲斐』は大事だと思います。特に相手が年下の女の子なら、守らなきゃいけないと思うので、頼りにされたいですね。夜の送迎はもちろんですし、何か困っているなら、相談に乗って解決する方法を一緒に探してあげたいです。

 

重い荷物を持ってあげたり、エスコートしたり。とにかくお姫様扱いして、『うちの彼氏、頼りになる』って思って欲しいです。そうしたら、男としての自信もつきますね」(20代・男性)

 

③尊敬されたい

「彼女とそこまで年齢が離れているわけではないけれど、尊敬されたいのが正直なところです。彼女が学生なので特に『大人ってかっこいい、すごい』と思ってもらえると、仕事を頑張る気にもなれます。まあ、年上の見栄ですね。

 

人として尊敬し合うことって大切だと思うし、特に相手が年下なら、尊敬されない男はダメだと思うんです。もちろん、自分の仕事のためでもあるんですけれど、彼女に『すごい』と思われたいがために、一生懸命勉強しているところもあります」(20代・男性)

 

どうやら、年上彼氏は彼女の前で「大人の余裕」を見せたいようです。

「すごい」「かっこいい」と素直な気持ちを伝えたら喜ぶかもしれませんね。

・合わせて読みたい→結婚相手の条件に経済力は必要!? 幸せな結婚をするためのお金の話

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!